脇の黒ずみ

今年こそ脇の黒ずみをどうにかしたい!

悩む女性

ノースリーブを着て堂々と電車のつり革につかまる友達の脇は、すごくキレイでまぶしい!
それなのに、私のワキときたら、なんでこんなに黒くて汚いの?

 

脇が黒ずんでいると、ノースリーブや水着がなかなか着れません。また、半そでを着たり、病院で診察を受けたりする時も、腕を挙げるのをためらってしまいますよね。

 

どうして私のワキは黒ずんでしまったのかな?
どうしたら友達みたいなキレイなワキになれるんだろう・・・?

 

当サイトでは、そのような悩みを持つ人向けにさまざまな脇の黒ずみ解消法を紹介しています。


脇の黒ずみを消す方法にはどんなものがあるのか

脇の黒ずみを消す方法については、お金のかからない民間療法から、市販品を使ったもの、エステや病院で行う本格的な治療まで、さまざまな種類のものがあります。自分の症状の深さに応じて、自分に合った続けやすい方法を選びましょう。

 

脇の黒ずみは、どんなにすばらしい治療を受けたとしてもすぐに消えるものではありません。結果を出すためには、3ヶ月から半年以上は治療を継続する必要があります。かかるお金や手間なども考え、長期間続けられそうな方法を選ぶのがポイントです。

 

 

まずは手軽に 自宅でできる黒ずみ対策

クリームを塗る

クリームを塗る(画像)

脇の黒ずみ専用の薬用クリームが販売されています。朝晩塗るだけの簡単ケアで肌にもやさしいので、初心者さんにおすすめです。

石鹸で洗う

石鹸で洗う(画像)

黒ずみ対策石鹸としては、ジャムウ石鹸が有名です。お風呂に入るついでに簡単にケアできるのが魅力です。ジャムウ石鹸の使い方のコツ、タイプ別おすすめジャムウ石鹸を紹介しています。

 

 

症状がひどい人向け 本格的な黒ずみ対策

病院での治療

病院での治療(画像)

市販品よりも効果の高い塗り薬(トレンチノン、ハイドロキノンなど)の処方や、ケミカルピーリングなどを行います。保険が効かない場合も多いので、費用は高くなります。

エステでの施術

エステでの施術(画像)

ビタミンCやハイドロキノンのイオン導入により、メラニン色素にはたらきかけ色素沈着を防ぎます。

生活習慣にも気を付けよう

クリームを塗ったりエステに通ったりするだけでなく、日々の生活習慣にも気を付けましょう。良い生活習慣は肌のターンオーバーを正常にし、黒ずみ解消を助けてくれます。

 

バランスのよい食事

肌にはたんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルが必要です。太るからといって野菜ばかり食べるのではなく、肉や魚でたんぱく質をしっかり摂ることが大切です。また、肌の代謝が滞る冷たい飲み物や、吹き出物の原因にもなる酸化した古い油を摂るのは控えましょう。

 

質の良い睡眠

最低でも1日に6時間は眠りましょう。ご存知のとおり、夜10時〜午前2時のゴールデンタイムの間にしっかり眠るのが理想ですが、無理な場合はせめて午前0時には布団に入るようにしましょう。

 

適度な運動

通勤時にウォーキングしたり、家で軽くストレッチするだけでも構わないので、毎日体を動かしましょう。血行が良くなり、肌の新陳代謝も改善します。

 

正しい入浴

肌を洗うときはゴシゴシこすらずに、泡でやさしく洗いましょう。お風呂は、できれば浴槽に湯をためてゆったりと浸かるのが理想です。血行がよくなり、皮膚細胞の代謝がよくなります。

 

ストレスをためない

ストレスは意外なほど肌の調子に影響します。ストレスがかかると、体内でビタミンCが大量に消費されたり血行が悪くなったりするためです。スポーツ、DVD鑑賞、アロマなど、自分なりのストレス解消法を見つけましょう。

 

ここ挙げたことは、誰でも聞いたことがあるであろう、ごくごく当たり前のことです。

 

とは言っても、お仕事や学業で忙しい日々、すべてを完璧にこなすのは難しいですよね。ちょっとだけ生活に注意するだけでも、お肌は変わります。決して無理することなく、「できるだけ」の生活改善を心がけましょう。